teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 運営について語るスレ(6)
  2. メンテナンス関係(6)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:5/893 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 燈

 投稿者:tom4200  投稿日:2015年10月20日(火)19時05分54秒
  通報 返信・引用
  > No.917[元記事へ]

けんたろうさん

ありがとうございます。
その後色々考えた結果、小糸のユニットを交換後に
不満が残ればフォグランプを追加か良いのかなと思っています。

けんたろうさんが使用しておられる、SDB163を実際に体験させて頂きましたが
あれは良いですね!




> こんにちは、@けんたろうです。
>
> 「一寸先は闇」、サファリに関してはその部品供給の先行きと合わせてまことにピッタリな表現ですね。
>
> ここ最近の「まぶしさこそ正義」みたいな雰囲気はどうなのかと思いますが、「ヘッドランプは永遠のテーマ」なんて言うかどうかはさておき、私もこれまでいろいろと試してきました。
>
> ヘッドランプに関しては、市光工業の試作品の24vHID、レイブリックのマルチリフレクターハロゲン、中華製のマルチリフレクターハロゲン、サンテカ製のHID・・・・などです。
>
> フォグランプに関しては、シビエのスーパーオスカー(ハロゲン)、シビエのプロジェクターHID、中華製のプロジェクターHID、小糸のSDB163HIDワイドフォグ、同じく小糸のSDB160スポットHIDフォグです。
>
> これらの中で照射パターン、耐久性ともに実用に耐えたのは、市光工業製の試験品のHID、シビエスーパーオスカー、小糸のSDB163と160だけでした。市光工業、小糸ともに点灯応答速度は抜群で瞬時再点灯も抜群の信頼性でした。現在は純正ハロゲンと小糸SDB163HIDワイドフォグの組み合わせで乗っています。
>
> シビエのプロジェクターHIDはカットラインは正確に出て明るさも十分でしたが雨天時にレンズ内部が曇ってしまい実用面での評価はいまひとつでした。
>
> そしてつい一か月ほど前、小糸製のLEDホワイトビームヘッドランプH4も導入してみました。こちらに関してはY60サファリ純正のヘッドランプユニットとはリフレクター形状の相性が悪く配光(光度のむらのこと)もカットラインも全く再現できず、またLEDバルブのH4の三爪のフランジが厚手でユニット裏側のバルブ固定用のスプリングが固定できず使えませんでした。ですがHE22Sラパンでは良好でしたのでそちらで使っています(トンネル内での画像を見てのとおり、ロービーム時に右側の対向車側は正確にカットされ、左側の路側に相当する壁面はきちんと照射しています)。
>
> ところでよく話題に上る発熱温度の違いでレンズへの着雪事象の件ですが、実際の走行状況ではハロゲンであってもレンズ表面の数ミリは解けても結局それを覆うように氷が張るので一部の走行、気象条件以外、時間稼ぎにしかならないですね。メーカーサイドでもHID、LEDでの氷結問題に関しては温度でのアプローチではなく、ランプカバーの形状での対策がメインとのことです。サファリの場合、ヘッドランプワイパーがあるので物理的に除去できるので着雪には対処しやすいですが。
>
> 私的には、Y60サファリのヘッドランプの性能向上に当たっての最有力候補は、ここ一年ほど、ハーレーやジープのヘッドランプに導入され始めたプロジェクターLEDのユニットです。
>
> EBAY等で、「7inch led headlamp 24v」で検索して出てくるジープ用のヘッドランプがそれですね。
> 国内でも一部のショップ等で扱っているところも出始めています。上下分割式のトラックライト社製のユニットもよさそうでしたが、大きいプロジェクターレンズ2個と小型のマルチリフレクターを4つ組み合わせたタイが出てきましたので、左側通行に則した左切れ上がりのロービーム時の光量が十分でカットラインが正確であり、かつ灯体直前の左右の照射、ハイビームの光の回り具合と光量が満足できればそれが良いでしょう。
>
> でも忘れてならないのは純正の小糸製丸型ユニットです。これはレンズカット(表面のガラスに刻まれた模様)があるので古臭いのと引き換えに灯体直前の左右の照射範囲はマルチリフレクタータイプよりも圧倒的に広く明るい特性で、あのランプのロービームで夜の林道のカーブでも安心できるのはそれが理由です。さらに、ハイビーム時は現行のハイテク風な異形ヘッドランプのハロゲンハイビーム以上に遠くまで広く明るいのも事実です(整備工場の光度計が振り切れるほどです)。あの丸型2灯ハロゲンはここ数十年進化はないですが、つまりそれだけ昔から完成されていたと考えるのが正しいのかもしれません。これまでに3回ほど純正ランプを丸ごと新しくリフレッシュしましたが、それだけでも内部の汚れや経年劣化分を取り戻せて明るくなります。
>
> つまるところ、ヘッドランプの性能を向上させるなら中途半端に電球だけHIDやLEDに交換しないで、きちんと完成形で設計されたランプユニットごと交換、それ以外ならフォグランプで味付けするのが良いように思います。
>
> 以上、私が最近考えているヘッドランプ事情でした。
>
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/893 《前のページ | 次のページ》
/893