teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


レス

 投稿者:Lepi(へろん)  投稿日:2018年 3月21日(水)19時50分6秒
  べるちぃさん

書き込み頂きましてありがとうございます。

アニメがもっともお好きとのこと、実は私もそうです(^^)
大学時代に小説よりも先に友人宅でアニメを見ましたので、
キャラクターもメカもアニメのイメージで固定されてます。

新しいアニメは来月ぐらいから一部でTV放送とか始まるようですね。
でも初めのアニメのイメージが強いだけに違和感を感じてしまっています。
どこまで原作の良さを引き出せるか、健闘してほしいですね。

http://heronshiro.blog.fc2.com/

 
 

謝罪><。

 投稿者:べるちぃ  投稿日:2018年 3月11日(日)03時07分5秒
  大変遅くなり申し訳ありません。
新しい漫画もたのしいですね^^
メディアはアニメがもっとも好きですね。
艦船の壊れるシーンが今をもってしてもカッコイイ(変)です。
メムノーンの主砲でなぎ倒される艦船をもう少し読みたかったですね(残念)
あと…銀英伝は新しいアニメが製作中ですね。
宇宙戦艦ヤマトのリメイクに比べるとなんだか心配です。
 

レス

 投稿者:Lepi(へろん)  投稿日:2017年 9月20日(水)22時50分39秒
  べるちぃさん

書き込みありがとうございます。レスが遅くなり申し訳ございません m(_ _)m
メムノーン伝、お読みいただきましてありがとうございます。
銀英伝は原作とアニメの他に、最近は新しいマンガ連載も続いていますね。
べるちぃさんはどのメディアがお好きですか?
そんな銀英伝談義もできると嬉しいですね。

http://heronshiro.blog.fc2.com/

 

感謝^^

 投稿者:べるちぃ  投稿日:2017年 9月13日(水)17時25分9秒
  メムノーン戦記楽しかったです。ありがとうございました^^  

久々に

 投稿者:Lepi(へろん)  投稿日:2017年 5月 8日(月)22時29分54秒
  掲示板を復活させました。
2017年1月より「へろん」名でブログを始めましたが、
こちらに書いていた話題も出てくることがありますので
ここもご利用いただければ幸いです。

http://heronshiro.blog.fc2.com/

 

生存報告(笑)

 投稿者:Lepi  投稿日:2010年10月23日(土)06時29分9秒
  皆さま、大変ご無沙汰していますが何とか生きてます(笑)
諸事情により(って仕事のせいですが)HP更新の暇も
なくなってはや数年・・・どうしたものか悩んでおります。

ブログやツイッターなど新しいものをやる時間もなく、
(年とったなぁ ^^;)ネットサーフィンすら調べもの
以外ほとんどできなくなってしまってますが・・・
たまーにでもここに何か書き込んでいこうかと思っています。
(今はそういうのってブログなどでやるんでしょうけど・・・)
どんな風にするかまだ決めてませんが、どうか大目に
みてやってください m(_ _)m

http://space.geocities.jp/lepi0628/index.html

 

レス

 投稿者:Lepi  投稿日:2010年 4月29日(木)23時25分3秒
  夢見るミムさん

神霊的な意味合いは分かりませんが、それぞれの立場で日本を守ってきた人々が大勢
いたのは確かでしょうね。それは政治的、経済的、文化的、その他様々な立場があり、
またそれだけでなく市民ひとりひとりもその一翼を担ってきたと考えます。
例えば近年の分かりやすい例で言えば、環境問題について市民一人ひとりが意識し、
考え、行動するならば日本を、ひいては世界を、守ったり変えていく大きな力と
なるでしょう(単純に鵜呑みにしたりすると逆方向に働く場合もありますが)。
かのノストラダムスの予言も、そうしたことで回避することが可能である、と
いう解釈も存在していました。
「日本沈没」というのは様々な立場で様々に解釈できるモチーフであり、
神霊的なものもその一つかもしれませんが、それも含めてそれぞれの立場で
為すべきことを行うことが、それぞれの沈没を回避できることにつながって
いくのでしょうね。

http://space.geocities.jp/lepi0628/index.html

 

日本沈没の予言

 投稿者:夢見るミム  投稿日:2010年 4月27日(火)16時22分13秒
  エドガーケーシーが日本沈没を予言していた云々ありましたが、日本には、昔から、この国の安寧を命がけで神に祈る修験者の集団、密教僧、はては天皇までもが代々、この国の繁栄と人々の罪穢れを祓い、清め、ただひたすらに祈り続けている。そんな人々の赤誠の心に支えられ、日本の国体を常に守護されるべき道へと導かれ、エドガーケーシーの予言を回避できたのではないかと思う。先刻、話題となったジュゼリーノ氏でさえも、自分の予言は、日本に限って当たらないと言っておられたと聞く。彼はまた、こうも言っていたそうです。日本には、自分の予言を回避するほどの、国家のために純粋に祈りを捧げる、いわゆる巫女のような集団、修験者の集団が存在するのだろうと。しかしながら、つきつめれば、万世一系の天皇が神代の時代から我々日本人の祖霊を祀るということこそが、どれほど尊いことか。その尊い国が、なぜ、沈没するという啓示を、ケーシーが受けたのか?当たる、当たらないというのが問題ではないと思います。確かに、日本は神霊的な意味では、沈没しかかってます。日本人の持つ清く美しい、大和魂の喪失こそ、ケーシーが予兆したもの。それを、神が沈没という形で、彼に見せたのだと思います。エドガーケーシーの日本沈没論は、もっと日本で話題になるべきだったと思います。  

どもども

 投稿者:Lepi  投稿日:2010年 3月30日(火)22時37分46秒
  ぱるさん

書き込みありがとうございます~ m(_ _)m
読み返していただけて光栄です。年々仕事とかが厳しくなって
まだまだ目処がたちそうにありませんが、いつかまた
物語を作る時間をもちたいものです(^^)

http://space.geocities.jp/lepi0628/index.html

 

メムノーン伝よみました。

 投稿者:ぱる  投稿日:2010年 3月21日(日)23時28分25秒
  何度目か、ですが読み返しました、やはりいいですね。第7部もひまができたらお願いします。  

レンタル掲示板
/11