ギャラリーへの感想・ご意見

見て下さって有り難うございます。よろしかったらコメントをお願い致します。




127件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[129] お久しぶりです。

投稿者: 赤沢(昔の教え子でーす) 投稿日:2010年11月 2日(火)15時42分2秒   通報

今日インターネットで「小原雅夫」で検索したらここに来ました。それにしてもずいぶん沢山ヒットしましたが、全部先生のですか?だとしたらすごい活躍されているのですね。先生の名で検索しようと思い立ったのは同期の宮越君から薦められたの。元気そうだから見てご覧って。いい忘れましたが、20年前H市のH高校で数学を習った赤沢ですが覚えてますか~出来が悪かったからひょとして覚えているかも、ナンテ。生徒指導部の先生にしこたま叱られたり放置自転車を没収されたり・・・今は東京でまじめにサラリーマンやってます。今度里帰りしたら画廊に冷やかしにいきます。コーヒーでもご馳走してください。赤沢




[128] 元町画廊その後

投稿者: 管理人より 投稿日:2010年 7月 3日(土)01時34分0秒   通報

2008年9月に画廊を作ってからもう1年半になりますが、自前の展覧会の数は11回、コンサートや講演会の数は13回になります。
先月27日には尼岡博士の「深海魚」の講演会と立食パーティーを行いました。
魚類分類学の権威である博士の充実した講演とその後の気さくなパーティー、楽しかったです。
こんな活動から、常連も出来、絵葉書やリトグラフを買いに来るお客さんも少しずつ増え、店を開けていさえすればお客さんが来てくれて何かが売れるようになりました。一昨日は中国の旅行客が来て甚く喜んでくれました。昨日は韓国の方達三名が立ち寄ってくださいました。ありがたいことです。案内葉書を出さずとも通りがかりの人がふらっと立ち寄ってくれるのが大変うれしいです。知らぬ間に、来て下さった教え子やお客さん達がブログで紹介してくださっており「元町画廊 函館」でも沢山ヒットします。それを見て来て下さる方も沢山います。今日は岡山からの観光客が2名わざわざ尋ねてくれました。8月には銀アクセサリー、9月には油絵と篆刻、10月にはイギリス風景画展を予定しています。チャンスがあれば是非いらしてください。まったく無名なのになぜかファンが増えていくのは嬉しい事です。



[127] おおやはり・・・

投稿者: 管理人より 投稿日:2010年 3月17日(水)03時57分52秒   通報

どうでもよいぼやきを書き込んだら・・おおやはり!! 宣伝広告は一斉に消えてしまった。なるほど。たまには更新しなくちゃ。・・・ぶつぶつ・・・・



[126] やたらに広告が・・・

投稿者: 管理人より 投稿日:2010年 3月17日(水)03時54分34秒   通報

久しぶりに掲示板をのぞいてみるとやたらに広告が増えている。一定期間アクセスがないとそうなるのだろうか? と考えどうでもよいこの文を書いてみた。



[125] カラスの夫婦が子連れでやってくるようになりました。

投稿者: 管理人より 投稿日:2009年 7月27日(月)00時33分42秒   通報

前回カラスの友達ができたという報告をしましたが、その2羽のカラスが、最近子ガラスをつれてやってくるようになりました。くちばしが黄色くまだやせ細った小さなカラスの子が2羽です。目下依頼された絵の完成にとても忙しく、出来るだけ無視しようと考えているのですが、親子で4羽が窓の外のプランターの台に並んでブラインドの隙間から覗き込むようにしてぎゃーぎゃーと甘えた声を張り上げるので、こちらもつい根負けしてお菓子を投げ与えることになってしまいます。窓に向かって4羽が鳴いている様子を写真に取りたいものですがなかなか難しいですね~  そうそうこんなことを書いている暇などなかったんだ・・・・では




[124] カラスの友達が出来ました

投稿者: 管理人より  投稿日:2009年 5月19日(火)20時02分2秒   通報

目下次回の個展に向けて作品の選定作業に追われています。仕事はもっぱら2階の部屋で行うのですが、大変見晴らしが良く、疲れると窓から遠くの海を眺めたり函館山の緑を眺めたりして目を休めています。さて、ある時からカラスがやってくるようになりました。窓のすぐ外の離れの屋根に止まって餌をねだるようになったのです。毎日2,3回も来るでしょうか。その様子がかわいいのです。離れの屋根の向こう端に舞い降り、僕の姿を認めると、お尻をふりふり急ぎ足で走って来るのです。こちらは仕事が忙しいので知らんぷりをしていると、すぐ窓の外の屋根の上を窓の幅で行ったり来たりを繰り返し、ちらちらとこちらを見ます。僕が床に座り込んで仕事をしていると、窓枠に止まって下を覗き込んだりします。1m位の間近で見るカラスの顔は迫力があり、眼をぱちくりすると一瞬白いまぶたが覆って白目だけのように見え、ちょっと不気味です。「お前変な顔してるね~」と話しかけても気を悪くしないで、じっと餌を待っています。日によっては20分でも30分でも餌を待っていますが、疲れると腰を下ろして(腹這いとなって)こちらを見つめています。とうとう僕も根負けして何か食料をとりに食堂に行くといった毎日です。かわいいけど気が散って仕事の邪魔なんですがね~ 嘴細ガラスで嘴太ガラスより一回り小さく上品な顔つきです。
そのうち写真にとってお見せしましょう。



[123] 有難うございます!

投稿者: 森田留美 投稿日:2008年11月19日(水)13時57分9秒   通報

有難うございます!!!
さっき見つけて一生懸命書いたメールが消えてしまいました。
もう、時間が無いのでごめんなさい。
本当に素敵な画廊!
素晴らしい方々との出会い、嬉しかったです!
おめでとうございます!
ありがとうございます!!!
留美



[122] 教え子の演奏会・森田さんありがとう!

投稿者: 管理人 投稿日:2008年11月 9日(日)18時33分7秒   通報

9月にオープンした元町画廊は、若い才能の発掘やいろんなジャンルで活躍している人達の交流の場となればよいと望んでいるのですが、10月27日に当画廊で開催したコンサートはそれに相応しいものとなりました。
私は昔神戸のミッションスクールで教えていた事があるのですが、その内の一人が電話をよこしまして、「画廊オープンを記念して先生に歌を歌って差し上げたい」「それは有り難う、でも時期的に人を集めるのがむずかしいかも~」「いえ、先生一人に聴いて頂ければいいんです」「それは光栄、でも、一対一じゃ先生緊張するな~」・・・・
こんなやりとりの後で、僕一人で聴くのは勿体ないのでコンサートと立食パーティーのセットで24人ほどに声を懸けました。いつも集まる仲間ではなくて、いろんなジャンルで活躍している人達(画家、音楽家、研究者、平和運動家、建築士、会社経営者、書道家、不動産屋さん、アナウンサー、英語の先生、音楽鑑賞協会役員・・・・)これにちょうど帰省している娘家族、妹、姪、母等が加わって30名くらい。
森田留美さんは、関西を中心にオペレッタで活躍しているようであるが、声量も豊かで、人を惹きつけるエネルギーに満ちており、さすがプロはオーラがあるなと感心させられました。会場の方は皆さん圧倒されていました。
最後の曲ではブラボーブラボーでアンコールとなりました。
彼女が特に凄いと思ったのは、掲示してある私の詩(英国の風景から触発されて書いたもの:現在の展示が「大判写真と散文で楽しむ、英国の田舎道より」だったもので)に即興で旋律と伴奏をつけて歌いまくるのです。その伴奏もシンセサイザーでいろんな効果的な音を織り込んでやるのですが、いかにも易々と複雑な和音進行や効果音の切り替えを進めていく様は、彼女の意思とは別にまるで指が勝手に動いているかのようでした。
皆さん、「こんな歌手は初めて」と感嘆しておりました。
コンサート後のパーティーでは、途中で自己紹介をして貰い、「これからは道で会っても、知らんぷりをせずに挨拶を交わしましょう」と元先生らしく指導しておきました。
あちこちに話の輪ができて、何カ所かでは商談?成立・・・森田さんにもいろんな人から賛辞が述べられ、名刺や作品の絵本などが渡されていましたが、少しでも今後の活動の助けになればいいですね。
なお、森田さんは歌声を通して平和の大切さを訴える活動もされています。音楽家というととかく自分の音楽しか眼中にない人が多く社会性に欠けるものですが、その点彼女は立派だと思いました。いつか又来て演奏して欲しいものです。



[121] メール、ありがとうございました。

投稿者: minamina3753110  投稿日:2008年 9月24日(水)11時02分47秒   通報

前略 先日はメールを戴き、誠にありがとうございました。

返信にも書きましたが、顔は覚えてくださらなくても結構です。
(大して特徴のある顔でもないので。)
唯、定年退職したばかりなのですから、
老化はまだまだ早いと思います。
まだ充分お若いと思いますから。(笑)

母への御考慮賜りまして、誠にありがとうございます。
お陰さまで、母は胃がんを何とか克服いたしました。

時の流れは早いもので、私は当時受け持たれた時の
小原先生の年齢を追い越して、もう幾分か経っております。

画廊経営、無理せず御自分のペースでやっていってください。

それでは、失礼します。



[120] 有り難う!!

投稿者: 管理人より  投稿日:2008年 9月22日(月)20時06分3秒   通報

 最近はあまりこの掲示板に目を通さないのですが、たまたま覗いた所、本日の投稿があるではありませんか!!・・・・  そうですか貴方のお母様もご病気だったのですか。現在はいかがでしょう? 少しでも良くなられる事を祈っています。あのHPは秘密にしていて何処にも私と特定出来る物は無いはずなのですが、以前作っていたHPを消して利用したせいか、検索すると出てくるのですね・・・・お恥ずかしい

 私は30年ほど前から絵を描いていて、実は知る人ぞ知る「自称絵描きさん」だったのです。新築した画廊の方は、田舎の事ゆえ、新聞で大きく取り上げられた事と(団塊の世代が老後をどう過ごすかで、話題性があったのでしょう)、お洒落な建物に目を引かれて観光客がふらりと立ち寄ったりで、忙しい時は昼食抜きとなります。
でも、居ながらにしていろんな所で活躍している方々との出会いがあって、不精者の私としては最高の選択だったと満足しています。中には「函館にこんな素敵な絵を描く画家さんがいたなんて知らなかった」と言って夫や子供や友人達を次々引き連れてきてくれる方も結構いて私のファンも増えつつあります。絵を売ってくれと言うのを何度も断るのが申し訳ないのですが。お金儲けは一切考えていないのでおおらかな気持ちで過ごしております。


レンタル掲示板
127件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.