ギャラリーへの感想・ご意見

見て下さって有り難うございます。よろしかったらコメントをお願い致します。


【重要】teacup. byGMOのサービス終了について


新着順:38/127


[122] 教え子の演奏会・森田さんありがとう!

投稿者: 管理人 投稿日:2008年11月 9日(日)18時33分7秒   通報

9月にオープンした元町画廊は、若い才能の発掘やいろんなジャンルで活躍している人達の交流の場となればよいと望んでいるのですが、10月27日に当画廊で開催したコンサートはそれに相応しいものとなりました。
私は昔神戸のミッションスクールで教えていた事があるのですが、その内の一人が電話をよこしまして、「画廊オープンを記念して先生に歌を歌って差し上げたい」「それは有り難う、でも時期的に人を集めるのがむずかしいかも~」「いえ、先生一人に聴いて頂ければいいんです」「それは光栄、でも、一対一じゃ先生緊張するな~」・・・・
こんなやりとりの後で、僕一人で聴くのは勿体ないのでコンサートと立食パーティーのセットで24人ほどに声を懸けました。いつも集まる仲間ではなくて、いろんなジャンルで活躍している人達(画家、音楽家、研究者、平和運動家、建築士、会社経営者、書道家、不動産屋さん、アナウンサー、英語の先生、音楽鑑賞協会役員・・・・)これにちょうど帰省している娘家族、妹、姪、母等が加わって30名くらい。
森田留美さんは、関西を中心にオペレッタで活躍しているようであるが、声量も豊かで、人を惹きつけるエネルギーに満ちており、さすがプロはオーラがあるなと感心させられました。会場の方は皆さん圧倒されていました。
最後の曲ではブラボーブラボーでアンコールとなりました。
彼女が特に凄いと思ったのは、掲示してある私の詩(英国の風景から触発されて書いたもの:現在の展示が「大判写真と散文で楽しむ、英国の田舎道より」だったもので)に即興で旋律と伴奏をつけて歌いまくるのです。その伴奏もシンセサイザーでいろんな効果的な音を織り込んでやるのですが、いかにも易々と複雑な和音進行や効果音の切り替えを進めていく様は、彼女の意思とは別にまるで指が勝手に動いているかのようでした。
皆さん、「こんな歌手は初めて」と感嘆しておりました。
コンサート後のパーティーでは、途中で自己紹介をして貰い、「これからは道で会っても、知らんぷりをせずに挨拶を交わしましょう」と元先生らしく指導しておきました。
あちこちに話の輪ができて、何カ所かでは商談?成立・・・森田さんにもいろんな人から賛辞が述べられ、名刺や作品の絵本などが渡されていましたが、少しでも今後の活動の助けになればいいですね。
なお、森田さんは歌声を通して平和の大切さを訴える活動もされています。音楽家というととかく自分の音楽しか眼中にない人が多く社会性に欠けるものですが、その点彼女は立派だと思いました。いつか又来て演奏して欲しいものです。


新着順:38/127


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.