teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: Yankee Go Home!

 投稿者:南山鳥27  投稿日:2017年 8月10日(木)22時28分12秒
返信・引用
  > No.150[元記事へ]


> アメリカ人よ、故郷にに還れ……ですか?
> かなりニュアンスが違う。
> どっちが、本来の意味やねん??

「ヤンキー、ゴーホーム」は、日本人が言っていたものではないと思う。
「ヤンキー、ゴーホーム」は、少なくとも英語が十分に浸透して、公用語か母語になっ
ている人が云う言葉だと思う。
フィリッピンに人が、マッカサー家の植民地のようになっていた祖国を考え、「アメリ
カ人、出て行け」という意味で言ったのだろうかと考えたが、何か違うような。検索で
調べれば、答えが出てくるが、ここは自分で考えて想像するのが面白い。

ヤンキーというのは、アメリカの南部人が北部人を指して呼んだ言葉ではなかったかと
思う。(違うかも知れない。自分で調べてみてください)。
南北戦争に勝った北部人が、偉そうな顔をして南部にやってくるのを、「ヤンキー、還
れ」と南部人が云ったのではなかったか。本当かどうか知らないが。あるいは南北戦争
勃発前に、北部の干渉に対し、南部人が「干渉するな」という意味で言ったのか。

ブリッシュの『地球人よ、故郷に還れ』は、地球を飛び出して、銀河系宇宙を放浪しつ
つ、賃仕事をして生計を立てていた宇宙都市(渡り鳥=オーキーと呼ぶ)が、36世紀
か37世紀頃に起こった、「ゲルマニウム本位制」という通貨制度の崩壊で、都市とし
ての賃仕事の商売ができなくなり、更に、資産として、銀河中で通用したゲルマニウム
を多数保有していたが、ゲルマニウムの価値が暴落し、価格が従来の十分の一となった
為、生活にも困るようになり、餓死する宇宙都市や、海賊になる宇宙都市も出て来た。

アコライト星団という、昔は大して意味が無かった星団に、たまたま、貧困状態の宇宙
都市が、大小合わせて千以上集結し、アコライトから何か仕事を得ようとしたが、ぼっ
たくられるだけなので、どう対策すればよいかということである。ハンガリーのブダペ
スト宇宙都市の市長、通称キングが、集まった宇宙都市の代表者・市長たちを相手に、
対策を披露した。その場にニューヨーク宇宙都市の市長アマルフィも、都市名を隠して
出ていたが、キングは、我々は正統な地球の市民だ、地球に行き、我々の窮状を訴え、
地球に支援を求めようではないか、と演説した。アマルフィは、それは破綻への道だと
考えていたが、別のひそかな理由と計画があって、躊躇していた宇宙都市代表たちを、
その気にさせるため、フェイクの提案をする。

それによって、逆に、取り得る道は、キングが述べるような、地球にみんなで行って、
窮状を訴えることしかないという結論になる。こうして、宇宙都市の「地球への進軍」
が始まる。進軍と行っても、地球を攻撃しに都市が集結して地球に向かったのではない
が、地球政府の受け取り方は違った。

このキングの提案が、つまり、「地球人よ、故郷に還れ」という言葉に集約される。

詳しくは、ブリッシュの本を読んでほしい。(ブリッシュのこの話は、「世界SF全集」
に収録されているが、世界SF全集は、ほぼ全巻が、当会共用利用可能なように、さる
場所に置いてあるので、利用したい人は数ヶ月単位ぐらいで、借り出せます)。

--------

それはとまれ、ブリッシュの「宇宙都市シリーズ」は、考えてみると、欧米人ばかり登
場する。地球での主要言語はロシア語になっているようだが、これは、冷戦の結果、ソ
連が勝利して、地球全体の支配者となったからであるが、欧米とソ連以外の地域の人々
はどうなったのだろうかとも思う。ニューヨークやブダペストが、宇宙都市になってい
るなら、宇宙都市トーキョーとか、宇宙都市オーサカ、宇宙都市ペキン、宇宙都市カイ
ロなどもあってよいと思うが、出てくるのは、欧米の宇宙都市ばかりである。

_

 
 

8月の例会の予定。

 投稿者:山都フウイ  投稿日:2017年 8月10日(木)19時50分56秒
返信・引用 編集済
  8月20日日曜 第3会場

詳細はお問い合わせ下さい。
 
 

夢に消えるジュリア

 投稿者:南山鳥27  投稿日:2017年 8月10日(木)02時56分18秒
返信・引用 編集済
 
たまたまに、映画『薔薇の名前』の主題曲を聴いていた後、何か珍しい音楽はないかと
重い、Pink Floyd の "Julia Dream" のMP3を流して聞いていると、歌詞の意味をも
う一度確認したくなった。遥か、人生の原生代とか古生代の頃、この詩を日本語に訳し
たことがあるが、どうも間違いが多かったような気がしたのである。

しかし、検索で、「夢に消えるジュリア」の歌詞を、調べると、たいへん驚いたことに、
記憶にある歌詞とは、全然違う歌詞である(ピンク・フロイドの歌の歌詞は、聞き取り
にくいことと、意味が理解しにくいことから、1970年頃に、歌を聞いて、これを英
語の文字に移した歌詞が、ピンク・フロイド自身が、後に公開した「歌詞」と、極端に
違っていたという話がある。それは知っていたはずであるが、『夢に消えるジュリア』
においても、こんな大きな違いがあったとは意識しなかった。

検索で見つかる、英語の歌詞は、次のようになっている:


"Julia Dream"

Sunlight bright upon my pillow
Lighter than an eiderdown
Will she let the weeping willow
Wind his branches round

Julia dream, dreamboat queen, queen of all my dreams

Every night I turn the light out
Waiting for the velvet bride
Will the scaly armadillo
Find me where I'm hiding

Julia dream, dreamboat queen, queen of all my dreams

Will the misty master break me
Will the key unlock my mind
Will the following footsteps catch me
Am I really dying

Julia dream, dreamboat queen, queen of all my dreams


一行目は記憶にある通りだが、二行目がすでに違っている。
「eiderdown(アイダーダウン)より明るい」とは、どういう意味なのか。

また、繰り返しの句は、確か、
Julia Dream, Dream that queen, Queen of all my dreams
というように、文字化されていたようだが、歌詞では、dream that queen ではなく、
dreamboat queen になっている。これだと随分意味が違って来る。

二連目の Every night I turn the light out の次のラインは確か
Waiting for the velvet light だったように思うが、velvet bride が正しいようであ
る。bride が何故 light と書かれたのか、不可解であるが(RとLの音は違っている)、
「ビロードの光を待って」と「ビロードの花嫁を待って」では、随分意味が違う。

また、その次の行で、「アルマディロ」とか出てくる。そんなものが、歌詞に入ってい
たのかと思うと、不可解である。

Am I really dying は、昔、「わたしは、本当は死んでいるのだろうか」と訳したよう
に思うが、いま見ると、これは現在進行形ではないかと思える。すると「わたしは、本
当は死につつあるのか・死の過程にあるのか」というような意味になる。


こういう歌詞だとは、想像していなかった。



Youtube には、不思議な動画がついている、上のような投稿がある。ジュリアというの
は、実在した女性で、ピンク・フロイドと関係があった。どういう関係だったのか分か
らない。そのジュリアと、この歌は何かの関係があったことは間違いないが、何であっ
たのだろうか。

_
 

Yankee Go Home!

 投稿者:濠門長恭  投稿日:2017年 7月28日(金)21時50分44秒
返信・引用
  アメリカ人よ、故郷にに還れ……ですか?
かなりニュアンスが違う。
どっちが、本来の意味やねん??
 

ジェイムズ・ブリッシュ 『地球人よ、故郷に還れ』

 投稿者:南山鳥27  投稿日:2017年 7月20日(木)23時31分41秒
返信・引用 編集済
 
表題の『地球人よ、故郷に還れ』というのは、ジェイムズ・ブリッシュの
古典的宇宙SFの傑作で、大体、1950年代初頭に書かれた四つの中編
をまとめて、1955年に単行本として出版された本である。
英語では、"Earthman, Go Home" である。

いまから70年前に書かれた話と云うことになる。これが、単行本だと、
宇宙飛行都市シリーズ(または、宇宙都市シリーズ)の作中年代的には、
第三部になっている。時代は、作中年代で、36世紀(37世紀)から、
40世紀半ばまでを扱っている。

最近、ハヤカワSFシリーズ版を入手したので再読している。(この前に
は、年代的には、21世紀を舞台としたブリッシュの『宇宙零年』を読ん
だが、わたしは、小説の書き方・構成の仕方や、更に、文体・文章で、翻
訳文的なスタイルを使ってきていたが、それらの起源の一つが、この作品
にあることを知って・発見して非常に驚いた)。

個人的には、作品の構成方法とか、文章とか、わたしは余り日本人作家の
純日本語の小説を見本にしていないと思う。SFに限らないが、翻訳小説
の影響の方が強いと思う。ブリッシュの『宇宙零年』を再読して、長く忘
却してきたことを、あらためて自覚したというのがある。ちなみに、日本
人の純日本の小説の文体や文章に基づいて書いた話もあり、これは、『花
野夢幻傳説』であるが、この作品の文章とか、描写方法は、田辺聖子の王
朝小説から学んだものに基づいている。

ところで、ブリッシュの作品に戻ると、ハヤカワSFシリーズ版で読んで
いると、何か奇妙な感じがする。話が唐突に始まっているように思えるの
と、ある程度読んで見て気づいたが、記憶にある、この作品に出てくるは
ずの情景とかエピソードが出てこない。読み飛ばしたのだろうかとも考え
て、全体をページを眺めて、ざっと見てみたが、どこにも、記憶にある情
景や言葉・会話やエピソードが出てこない。記憶違いだろうかと思ったが、
幾ら考えても、この作品に載っていたとしか思えない。

この「おかしさ」は、末尾の解説を読んでいると氷解した。本来の英語版
の本では、この作品は、四つの時間的には連続する中編を一冊にまとめた
ものであるが、解説を読むと、ハヤカワSFシリーズ版の本は、翻訳の底
本がエーヴォン・ブックスのペーパーバック版で、このペーパーバック版
では、最初の話が省略されている。従って、この底本を元にした翻訳でも、
最初の話が入っていない。とこういう事情である。

ところで、遙かな古生代(人生を、地質年代に比喩すると、こんな時代)
に読んだブリッシュの『地球人よ、故郷に還れ』は何だったのか。実はこ
れは、「世界SF全集」のなかの一巻に収録されている翻訳で、この翻訳
では、四つの中編がすべて載っていた。

本のタイトルは同じであるが、ハヤカワSFシリーズ版は、厳しく云えば、
羊頭狗肉ではないかとも云える。子供向けや、青少年向けだと、話を略し
たり、編訳者が勝手に文章を書いたりすると云うのはあるが、流石に、こ
れはひどいと思う。海外文学専門の出版社としての早川書房の見識や良心
を些か疑う。

ブリッシュの七十年前の小説を読んでいて思うのは、科学や技術の進展に
よる、時代のずれや、政治や歴史的な変遷に伴う、現在から見ての違和感
はあるが、しかし、作品として考えると、古くなっているとも思わないし、
やはり、この時代の傑作だと思う。

------
添付画像:ハヤカワSFシリーズ『地球人よ、故郷に還れ』表紙

_

 

いよいよ

 投稿者:海鳥  投稿日:2017年 7月15日(土)09時16分7秒
返信・引用 編集済
  明日です.
 

夏のお知らせ。

 投稿者:山都フウイ  投稿日:2017年 7月 3日(月)17時23分45秒
返信・引用 編集済
  7月16日(日)5時半~
神仙閣(大阪梅田:大阪駅前第一ビル屋上)
生麦酒飲み放題/中華バイキング。
男子 3,400円
○作○究会名義で予約席確保済み
 

AICM

 投稿者:山都フウイ  投稿日:2017年 6月29日(木)20時00分57秒
返信・引用 編集済
  誰にどのCMを割り当てると喜ばれるのかまで

AIを試行錯誤で遊ばせてる最中だとしても不思議でない。

将棋の天才少年もAIとも親しみながら、その渚に遊ぶ。




 

なぜ、こういう広告が

 投稿者:南山鳥27  投稿日:2017年 6月28日(水)10時53分51秒
返信・引用
 
添付画像が、この掲示板のキャプチャですが、
「FLOWERS」とか云う、百合系アドヴェンチャ・ゲームの宣伝広告
です。
何故、こういう宣伝広告が出てくるのか、どうも分からない。

(「秋の巻」「夏の巻」とかあるので、一年四季節分あるとすると、結構
高い。左が、volume sur automne /ヴォリューム・シュル・オトーヌで
「秋の巻」、右が、volume sur ete /ヴォリューム・シュル・エテで「夏
の巻」。フランス語だが、アクサンが何故か省略されている)

アマゾンからは、最近、古代エジプト関係の本を複数購入したが、百合関
係の漫画などは、購入していない。特に、ゲームの広告が何故出てくるの
かよく分からない。

あと、色々と書くのも何であるので、省略。

_

 

色々と考えるのです

 投稿者:南山鳥27  投稿日:2017年 6月28日(水)10時30分28秒
返信・引用
 
goumonさん。

『悲剣肌風』は、どうしようかと思っています。これを特別号に入れると
通常号の作品がなくなるし、これを通常号に入れると、特別号の作品がな
くなる。

一括掲載が望ましいと思うのですが、この辺の事情を考えると、第二部と
第三部を、やはり分けて、第二部を通常号に、第三部を特別号にとも考え
たりするのです。

三回分載は、ちょっと話全体の流れが見えなくなるし、また、特別号にこ
れを使うと、もう作品があるので、OKとか考えるのも困る。

何か書いてください。9月末ぐらいですから、「月刊goumon」とか、なく
なるとは云いませんが、今後の状況次第で、また考えや態度が違ってくる
でしょうし。

『肌風』の作品全体は、ウェブサイトに載せて、同人誌には、全体はウェ
ブサイトのここにありますので、読むことができますという案内を付けれ
ばよいと思う。

『肌風』は、2部と3部を予定通りまとめて出すか、もう一度分けるか、
特別号に載せるか、通常号に載せるか、色々と考えているが、迷っていま
す。

----------

ウェブサイトに、短編版『パープル・リング』を、まとめて掲載すること
も考えています。あれは、同人誌では、1部と2部に分けていたのです。

----------

ところで、その添付画像は何の絵ですか。
原寸大を送ってみてください。

_
 

そいえば

 投稿者:濠門長恭  投稿日:2017年 6月28日(水)04時23分11秒
返信・引用
  『悲剣肌風』も残ってました。これは記念号?  

↓。。◎

 投稿者:濠門長恭  投稿日:2017年 6月27日(火)20時28分31秒
返信・引用
  こまる、こまる、おおこまる
来年以降も「月刊濠門長恭」を維持すべく、『非国民の烙淫虐・前編』 writing.
あがったら、後編でしょ。オムニバス『SMツアー』に、『姪奴と甥奴』に、『女囚双虐』に、『いじめられっ娘二重奏』に、『強制入院マゾ馴致』に……

DLしてにぶん投げられない未発表の45枚でもE?
『鬼畜のゴールデンパス~聖巫女強制絶頂』在庫有りです。
ま、30~40枚の短編なら、着想次第では1日仕事ですが……今は完全にSMXバイアス。

しかし。人間の顔って難しいのね。とくに「美」少女は。
非公式版で自粛して、公式掲示板で恥晒してのも。いちおう、20%縮小です。
 

 投稿者:海鳥  投稿日:2017年 6月27日(火)08時43分0秒
返信・引用
  がんばります!  

「風の翼」同人誌発行予定(計画)

 投稿者:南山鳥27  投稿日:2017年 6月26日(月)23時15分47秒
返信・引用
 
こんにちは。
各位にあられてはいかがお過ごしでしょうか。

ところで、当会の同人誌ですが、「風の翼」通常号を、夏コミ
の季節に合わせて(ということは、8月半ばですが)、発行す
る計画を立てています。夏コミにはあまり関係ないですが、時
期が、大体同じと云うことです。

これが通常号で、他方、45周年記念号の発行も計画します。

45周年記念号は、特別号で、これは、今年の11月、遅くと
も12月を目処に発行したく思います。

記念号ですので、同人各位には、9月末頃を目処に、単独作品
なら、30枚か40枚、あるいはそれ以上。複数作品なら、合
計で、枚数的に、30枚、40枚程度以上の分量となるよう、
鋭意、執筆に励んで頂きたく思います。

記念号ですので、複数同人の作品が載っていないと意味があま
りありません。従って、鋭意、執筆に集中するようお願いしま
す。書けない場合は、別の路を探り、書ける何かを書くという
ことです。

宜しくお願い致します。

_
 

将棋などには、神童が存在し得る

 投稿者:南山鳥27  投稿日:2017年 6月18日(日)02時25分38秒
返信・引用
 
弱冠14歳で昨年プロ棋士になった、藤井聡太四段の躍進がニュース
でも、かなり大きく取り上げられている。

デビュー後連勝11回で、デビュー後連勝の新記録を達成しただけで
なく、プロ棋士としての公式戦においても連勝を続け、遂に24連勝
で、連勝歴代二位の同格者となった。そして、次の25回目の対局に
も勝利し、単独歴代2位となった。

昨日は、困難な闘いで、長考70数時間とかで、逆転し、最後は対局
者双方倶に、かなりミスがあったが、それでも苦境を乗り越え、26
連勝を得た。

今日、ニュースを見ると、27連勝まで進んだとのこと。公式連勝最
多記録は、神谷広志八段(56歳)が、1986年から87年にかけ
て達成した28連勝であるので、あと一局勝利すると、歴代一位とな
る。更に、これも通過して、もし29連勝となると、歴代単独一位と
なり、この記録は、果たして誰が乗り越えることができるのか。

驚異的だと思うが、ただ、藤井四段が14歳であることを考えると、
二十歳になった頃、またそれ以降、いまと同じ、力を発揮できるのか
どうか、それが疑問というか、あるいは興味深いことである。

数学の分野では、十代頃から卓越した能力を発揮して、神童と呼ばれ
た人がかなりいる。音楽でもそうである。数学の神童として有名なの
は、群論の確立者ガロワであるが、彼は16歳で決闘で死亡している。
しかしガロワだと、二十代、三十代でも、天才的才能を発揮したと思
える。ガウスも実は神童で、その知能は卓越していた。生涯を通じて
天才的業績をあげる。
音楽だとモーツァルトが、有名であるが、彼の場合は、子供時代に神
童ともてはやされたが、これは環境の影響が大きい。彼が真に神童な
のは、二十代を越えても天才的能力を発揮したからである。

他方、十代で神童と呼ばれたが、その後には成果のない人も多数いる。

藤井四段については、すでに日本将棋界で歴史記録を達成しているの
で、二十代を越えて、普通のプロ棋士(と云っても、それだけで已に
卓越した能力を持つ人だが)になったとしても、14歳で現に達成し
た、デビュー後連勝27回とか、プロ公式戦連勝単独二位の成果は、
もはや、驚嘆すべきというべきである。

日本は、近隣のどこかの古代国家のように、幼少時から、国家利益の
ために土鈴的訓練を強制されるというようなことはないので、自分の
意志と才能と努力で、ここまで来たのは、本当に称賛に値する。

_

 

追記

 投稿者:山都フウイ  投稿日:2017年 6月17日(土)19時51分5秒
返信・引用
  以下、不例会会場に移しております。  

Re: 会合・例会及び同人誌等について

 投稿者:山都フウイ  投稿日:2017年 6月15日(木)19時29分56秒
返信・引用
  > No.134[元記事へ]

今、拝見いたしました。
メールは拝見しておりましたが、例会全般への意見ということで、
今月の会合については、掲示板にてご意見をお待ちしておりました。
今月についても下記意見とされる事、了解しました。

今回は第三会場での会合ということで、「例会」についてはまた
相談いたしましょう。
メールで良ければそう致します。

同人誌のご意向というか、作者の現況報告として拝読しておりました。
完成を待望しております。

>
> 会合というか例会というか、第三会場とかの会合については、
> メールにて、やむ氏、海氏に、現在の場所は、色々な意味で不
> 便であるので、別の場所はどうであろうかという意見・提案を
> 述べさせて戴いたと思います。(「第三会場での会合」と「例
> 会」は分けて考えるべきだとも思います)。
>
> 返信がまったくありませんが、意見があっても無視されるとい
> うことでしょうか。
>
> また、同人誌の発行についても、この掲示板で、所見を記させ
> て戴きましたが、これも、関係が無いので、無視ということで
> しょうか。(メールでの返信でもよいのです)。
>
> _

>
 

会合・例会及び同人誌等について

 投稿者:南山鳥27  投稿日:2017年 6月14日(水)16時29分32秒
返信・引用
 
会合というか例会というか、第三会場とかの会合については、
メールにて、やむ氏、海氏に、現在の場所は、色々な意味で不
便であるので、別の場所はどうであろうかという意見・提案を
述べさせて戴いたと思います。(「第三会場での会合」と「例
会」は分けて考えるべきだとも思います)。

返信がまったくありませんが、意見があっても無視されるとい
うことでしょうか。

また、同人誌の発行についても、この掲示板で、所見を記させ
て戴きましたが、これも、関係が無いので、無視ということで
しょうか。(メールでの返信でもよいのです)。

_

 

6月例会のご案内。

 投稿者:やむ  投稿日:2017年 6月14日(水)12時39分3秒
返信・引用
  6月18日(日)

ぜひお越し下さい。詳しくは不例会会場掲示板管理人宛メール等にて問い合わせを。
お待ちしております。
 

「翼の風」更新 2017-0611

 投稿者:南山鳥27  投稿日:2017年 6月11日(日)13時21分51秒
返信・引用
 
創作研究会=北西航路ウェブサイト、「翼の風」を、更新しました。
内容的には、大きな変化は未だありませんが、レイアウト等が変更
になっています。

「歴史」を見ると、今年、2017年こそ、「風の翼11」と、い
ま一冊、「風の翼特別号・45周年記念」を発行したくも思ってい
ます。まず、わたし自身が作品を書かねばと思っています。

本当に、袋小路に入ったようで、筆がまったく進まない状態です。

わたし自身の個人サイトも、最近はかなり頻繁に更新しています。
「翼の風」サイトも、今年は、更新し、コンテンツを増やしたくも
思っています。

トップのインデックス・ページなどの、英語かフランス語か分から
ないような、メニュー・リンクを、分かりやすい「日本語名」に変
えました。

今後も、更新情報があれば、この掲示板で通知したく思います。
まずは、新しいデザイン(と云っても、極端に以前と別な訳ではあ
ありません)を、訪問して確認して戴ければ。

ウェブサイト:創作研究会=北西航路サイト
翼の風=風の翼

http://web1.kcn.jp/esther/index.html

_
 

レンタル掲示板
/6