ギャラリーへの感想・ご意見

見て下さって有り難うございます。よろしかったらコメントをお願い致します。




123件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[156] 函館市での高層マンション反対運動は何故成功したか 運動の記録 その10

投稿者: 管理人 投稿日:2016年 9月 9日(金)03時13分56秒   通報

運動の様子を一覧表にしたものが出てきたので紹介します。大きくいって「マンション業者の動き」「反対運動の内容とマスコミ報道」「市や議会の動き」を時系列にして表にしました。
私たちの運動は当初から、実力で阻止する事は考えず、マスコミやビラを利用した情報戦と市や議会を動かすための陳情行動・街頭行動に力を入れていました。
この表の右端が市役所の動きですが、短期間に結構沢山の施策を出していったことが分かります。いろいろありましたが、他の市の様子を聞くと、函館市役所はまあまあよくやってくれた方だと評価したくなります。




[155] 函館市での高層マンション反対運動は何故成功したか 運動の記録 その9

投稿者: 管理人 投稿日:2016年 9月 9日(金)02時57分6秒   通報

函館西部地区の高層建築を考える会の代表をしていただいた浜島氏の北海道新聞への投稿記事と、副代表をしていた小原雅夫の朝日新聞の全国面「論壇」への投稿を紹介します。
(函館市の神棚ともいえる教会寺院が集合した場所にライオンズマンションが計画され、これに関する市議会の動きや、市長との対話集会、大京本社への抗議活動、等々の沢山の出来事があってそれらを先に紹介すべきですが、目下資料が見つからないため、前後しますがこの投稿2本を先に載せます)

会の仲間たちと、リゾートマンションを買う人がいなければ函館の景観も破壊されないのに、と話していて、全国にリゾートマンションを買わぬよう訴えるにはどうしたらいいかという事になった。最初出てきたのが、全国紙に大きな広告を出す事だった。しかし、それには莫大な宣伝費がかかる。・・・最後にたどり着いたのが、朝日新聞の全国記事となる「論壇」に投稿してみることであった。単なるニュースや投書では全国記事にはならないのだ。
私が記事を書く事を申し出て、題名は「函館のマンション買わないで下さい」、文体は論壇によくある硬いものではなくいかにも住民運動らしい庶民的な柔らかいものにすると提案した。
私は何となく、採用される自信があったので、最初から私の顔写真も同封し(普通は採用が決まってから送るらしい)、「一刻を争うので速やかな掲載をお願いします」という一文も入れた。時はバブルの絶頂期で国民誰もがこんなのはおかしい狂っていると思い始めた時であったし、それなのに「リゾートマンション反対」と表立って大きく声をあげる人がまだ居なかった時なので、マスコミにとっては非常にタイムリーな話題で飛びついてくるだろうと思ったからだ。

そして、その勘はあたった。送付してから、わずか7日で採用され全国に報道されたのだ。函館の朝日新聞の人は、論壇への投稿は大変な倍率で採用それ自体が難しいうえ、採用されてもふつう何か月も後の掲載になるのが普通なのに、と驚いていた。これと前後して、他の全国紙も大きく報道したり、NHKでも午後9時からのゴールデンアワーに「函館の高層マンション反対運動」と特集を組んでくれたりした。(youtubeで検索下さい)

「論壇」での掲載以降、私のもとには全国から沢山の励ましの便りが届いた。中には「函館市 小原雅夫様」だけで届いたものもある。改めて全国報道の威力を思い知らされた。
函館に昔住んでいたという方からも多かったが、旅行で訪れてすっかり函館の西部地区が好きになったという方からも沢山届いた。皆さん異口同音に「なんで、あんな素敵な場所の景観を壊すんでしょう!」という怒りを語っていた。



[154] 2016サロン・ドートンヌに入選しました。個展も開催しました。

投稿者: 管理人 投稿日:2016年 9月 9日(金)01時32分7秒   通報

報告がだいぶ遅れてしまいましたが、今年度もめでたくサロン・ドートンヌに入選する事が出来ました。これで5度目です。(この展覧会で5度以上入選すると、画家として労働ビザが取得できると聞いた事があるので、なんとなく嬉しい・・)
一緒に住んでいる95歳の母の状態が悪く今年の1月から2度の救急車・2度の急性期病院への入院・2度のリハビリの病院への入院と多忙な毎日で創作に十分な時間が取れず、入選は半分あきらめていました。絵のテーマも「よたかの星」(宮沢賢治作)でしたので、絵本の1ページのようでもあり、どれだけ審査員に理解して貰えるかも気掛かりでした。そこで思い切って長い題名をつけました。

「よたかは死を覚悟して天に向かって飛び続けました。するとどうでしょう!よたかの体は白く輝きだし、ゆっくりと星に姿を変えていきました。」

厳かで神秘的な変容の瞬間を象徴的な手法で絵にしたつもりです。
これは、死を宣告された妻が長い闘病生活の末に天に召された事の象徴としても描いたので、パリが好きだった妻にとって、これがシャンゼリゼ通りに陳列される事は素敵な事に違いありません。
きっと近い将来、沢山の人に見ていただく機会が訪れると思います。
その時はこの場で紹介しますね。



[153] 函館市での高層マンション反対運動は何故成功したか 運動の記録 その8補足1

投稿者: 管理人 投稿日:2015年 6月30日(火)18時43分15秒   通報

(函館では高層マンション反対運動もあって、実に7棟ものマンションが建設断念しました。私がどのように運動をスタートさせ、仲間達とどのように展開していったかを紹介します。この掲示板の前の方にある「函館市での住民運動、高層マンション反対運動 1」 からお読み下さい。また、詳しい記録をお望みの方は次へ連絡ください。電話0138-87-0250 小原雅夫 この運動の簡単なまとめが、「ナショナル・トラスト全国大会函館」の報告書にも載っています。これは1991年の全国大会が函館で行われた際の小原の報告です。)


今回は、函館観光の中心である大三坂付近のマンションの様子の写真と、新聞紙上での市役所関係者との討論会の紹介です。
なお、陳情の際は市当局はつれない返事であったが、大陳情団に内心焦っていたようで、数日後には先進地熱海へ職員を派遣して調査させていた。(続く)



[152] 函館市での高層マンション反対運動は何故成功したか 運動の記録 その8

投稿者: 管理人 投稿日:2015年 6月30日(火)18時16分19秒   通報

(函館では高層マンション反対運動もあって、実に7棟ものマンションが建設断念しました。私がどのように運動をスタートさせ、仲間達とどのように展開していったかを紹介します。この掲示板の前の方にある「函館市での住民運動、高層マンション反対運動 1」 からお読み下さい。また、詳しい記録をお望みの方は次へ連絡ください。電話0138-87-0250 小原雅夫 この運動の簡単なまとめが、「ナショナル・トラスト全国大会函館」の報告書にも載っています。これは1991年の全国大会が函館で行われた際の小原の報告です。)

4月17日に行われた陳情は大きな反響を呼び、陳情の報道のみならず、各種のマスコミからインタビューを受けたり、高層マンションと景観にかかわる記事がいくつもの新聞で報道された。また、市の建設関連の役人達と紙上討論会も行われた。新聞の記事を数回にわたって紹介していく。(続く)



[151] 臨時にお知らせ  2015年サロン・ドートンヌに入選しました。小原

投稿者: 管理人 投稿日:2015年 6月24日(水)20時16分50秒   通報    編集済

(函館の高層マンション反対運動の記録はまだまだ続きます下の方の記事も今後の記事もご覧下さい。ここでは臨時にお知らせです)

今年のサロン・ドートンヌに、入選しました。10月14日~10月18日の間、シャンゼリゼ通りの特設会場で展示されます。これで4回目の入選となります。
実は2011年の初出品以降連続で3回入選したので、なんとなく疑念が生じていました。「この展覧会、美術史上では大変に有名かつ意義ある展覧会で日本の画家にとっても一つの登竜門であったのですが、私ごときが3回も連続入選するというのは、ひょっとしてもう今ではたいした事ないのではないか。ならばもう出品やめようかな・・・今年で最後」そんな気持ちで昨年も出品したのですが、まあ、力作であったのになんと落選!!
今年は、「あの力作が落とされると言う事は、まだ程度は高そうだ。もう一度挑戦してみよう。」そんな経緯であったので、今年の入選の報を受けて、正直ほっとしました。
この秋、パリに行くかどうかは迷っています。ISなんていう存在があって無用心だしね~



[150] 函館市での住民運動、高層マンション反対運動高層建築反対運動市民運動 7補足3

投稿者: 管理人 投稿日:2015年 6月 6日(土)02時01分44秒   通報

3団体が提出した陳情文を載せます。



[149] 函館市での住民運動、高層マンション反対運動高層建築反対運動市民運動 7補足2

投稿者: 管理人 投稿日:2015年 6月 6日(土)01時55分15秒   通報

陳情の報道記事が添付できなかったので、再度試します。



[148] 函館市での住民運動、高層マンション反対運動高層建築反対運動市民運動 7補足

投稿者: 管理人 投稿日:2015年 6月 6日(土)01時48分27秒   通報

新聞記事が添付できなかったので、再度試します。



[147] 函館市での住民運動、高層マンション反対運動高層建築反対運動市民運動 7

投稿者: 管理人 投稿日:2015年 6月 6日(土)01時25分38秒   通報

新しく出来た連合体「函館西部地区の高層建築を考える会」の初仕事であった市への陳情には、出来るだけ多くの人で行こうと話し合った。私は何とか授業のやりくりをつけて年休を取り駆けつけることにした。終わり次第また学校へ戻り授業を行うという慌しい一日である。放課後には自分で自主的に行っている数学の補修授業もしなくてはならない。連合体のほかに谷地頭町、元町31の2団体も独自の陳情を提出するので代表としては休むわけにはいかない。陳情は行政(市)と市議会の2箇所に行うのだ。
慣れない陳情であったが、そこはベテランである市議会議員の石井氏の誘導で鬼に金棒。

以前に廃校となった谷地頭小学校の校舎保存の陳情に来た時には市の二人の部長が我々PTA有志の陳情文を受け取ろうとせず、延々と立ったまま1時間以上もやり取りした事があった。部長は私に向かって「あんた何やってるのさ」というので、「市立函館東高校の教員です。年休を取って来ました。」と言うと「あんた自分の立場分かってるのか」と脅かす始末。自分の配下である市の公務員が自分たちの方針に逆らうのは許せなかったのだろう。
しかし今回は市議会議員がついているので、そんな事も無く実にスムースに行われた。
(この谷地頭小学校PTA有志の陳情文受け取り拒否事件は、その後、私の連絡を受けた民主党議員達の追求により、向こうから「受け取らせて下さい」という謝罪の電話があった。その後、金田誠一氏が議長を行う総務常任委員会でこの事が追求され私も傍聴に言ったが、「私どもは決して受け取りを拒否しておりません、もう少しよく考えてまた来てはどうかと言っただけです。」などと白々しい言い逃れをしていた。)

話がそれたが、当日4月17日に集まった陳情団は総勢50名、函館では初めてとなる大陳情団となった。勿論、それにマスコミ各社も加わった。その様子を見て、私が抱いていた函館の景観破壊への苛立ちは決して私一人だけのものではなかったんだという事を実感し、大変に高揚した。
下方に、函館の実情を伝える毎日新聞の4月15日の記事と、陳情の様子を伝える記事2本を載せる。
(続く)

※この運動に関する詳細なデータは文書、写真、録画、新聞という形で私のところに保管しています。(他団体のビラ・陳情文の多くも私が手がけましたので)  関心がある方は次へ連絡下さい。電話0138-87-0250 小原雅夫
また、この運動の簡単なまとめが、「ナショナル・トラスト全国大会函館」の報告書にも載っています。これは1991年の全国大会が函館で行われた際の私の報告です。
※検索でこの欄に飛んでこられた方は、前後の文章が読めないかもしれません。その場合にはgoogleで 「Masao Obara Art Gallery 」で検索しますと、トップにこのHPの本体がヒットします。そこで、伝言板をクリックしますと、この板の全体を読む事が可能です。


レンタル掲示板
123件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.